アテネ・フランセ

Home > スクール > アテネ・フランセ

アテネ・フランセ

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

昔からフランス語を学んでみたいと思っていました。フランスの文化や生活に憧れを持っていたからです。フランスの小説やフランスの映画の影響が大きかったです。映画の中に出てくるフランス語は響きがきれいで、自分の喋ってみたいという気になりました。子育てが一段落してから、本格的に学ぶことにしました。 学校は東京のアテネ・フランセにしました。この学校のことは、昔から知っていました。私が高校生の時の友人のお姉さんが、ここに通っていました。きれいな人で、頭も良くて憧れていました。ある日フランス語でシャンソンを歌ってくれたことがあり、その感動が今でも心の中に残っています。 不安な気持ちもありました。私は英語が苦手でした。大学入試の時も英語で苦労しました。文系なのに英語が苦手だったので、希望する大学に入れなかったのです。それ以来語学はコンプレックスになっていました。 でも、心配する必要はありませんでした。アテネ・フランセの先生方は、優しい人ばかりで分かりやすく教えてくれます。英語の文法は苦手だったのですが、ここで教えてもらう文法は頭の中にしっかりと入っていきます。発音に力を入れている学校で、私もきれいに発音できるようになりました。